TAYLって何をしているの?

私たちはTAYLは、2014年から活動を始めた法務と法務思考にベースを置くトークイベントです。

トークイベントといっても、いろいろです。
TAYLは、実際どんな感じで進行するのでしょうか?

まず、TAYLの開催日は常に、休日の前夜です。
普通は金曜夜ということになります。

そして・・・いつもはこんな進行です。

18:00 開場 TAYLカフェ スタート
18:55  共同オーガナイザーKOBIEによる挨拶
19:00 TAYL スタート
20:00 共同オーガナイザーRJKによる挨拶がわりのプレゼンテーション
20:30 DAYL スタート
(DAYL:Drink As You Like 別名 新橋法務交流会)
22:30 閉会→二次会へ(各自の終電に合わせて解散・・・だから休日の前夜なんですね。)

法務カフェでは、

毎回、法律事務所、出版社、教育機関を始めとする方々にスポンサーを依頼し、スターバックスからコーヒーをケータリング。開会前のひと時を挨拶を交わしながら過ごします。

19:00ちょっと前になると、MCを務めるTAYL共同オーガナイザーのKOBIEがSHUREのヘッドセットを装着して現れ、TAYLがスタートします。

TAYLでは、

毎回、様々な法務パーソンが登壇してプレゼンテーションを繰り広げます。法務パーソン以外にも、審査マン、知財マン、翻訳家、プログラマー、コンサルタント、官僚、経営者といった、法務の隣接分野あるいは異分野からの参加者もいて、常に法務パーソンをインスパイアしてくれます。

TAYLは、TEDのような感じで、企業の法務パーソンが一人15分ずつトークをするというのがベーシックなフォーマットです。我々をインスパイアしてくれるTEDに敬意を表して、TEDのジングルをサンプリングしたTAYLオリジナルのジングルでスタートするのは、ご存知の通りですね。

またTAYLでは、一人15分のトーク以外にも様々な形態で開催実績があります。
実務書を出版した専門家が1時間のレクチャーをしたり、パネルディスカッションが行われたり・・・と、毎回オーガナイザーが自由に企画しています。

20:00ごろ・・・

全てのプレゼンターのトークが終わると、共同オーガナイザーのRJKが、閉会挨拶がわりのプレゼンテーションを始めます。TAYL本編に次ぐ、TAYLの名物です。

DAYLでは・・・

20:30 会場近くの店に移動しての懇親会が始まります。
Drink As You Like(通称:新橋法務交流会)はTAYLの活動開始以前にスタートしており、次回で20回目、DAYL20です。
このDAYLの飲食費は皆様にご負担いただきます。人数が多くなると代金回収が大変なので最近はPeatixというサービスを使っています。

プレゼンターを囲みつつ、仕事の話、趣味の話、家族の話、次回TAYLの企画などであっという間の2時間が過ぎていきます。

二次会では・・・

金曜夜の新橋ですから、二次会に軽く飲む場所を探すだけでも、毎回大変です!